ネット契約の増加に伴いインフラや産業が成長してきました

ネット契約が増え、それにともない接続されていることで、多くのサービスや新たな産業が、ネットワーク上で創出され、さまざまな効用の増大が生まれるネットワーク効果をを活かして急速な成長が実現されます。
一方で、それにともなう既存産業との業際、境界の見直しも発生しています。
放送と通信の融合は、依然として改善の余地がありますが、電子マネーやネット銀行などによる金融と通信の連携も、急速に存在感を増しています。
ネット契約の増加により、上位階層のアプリケーション、サービスの普及が進み、それによってネットワーク内部への負荷は拡大が続いています。
そのためネットワークを支える基盤の中期的な強化にも取り組む必要があります。
現在、ブロードバンドの普及率が高い水準に達しても、動画サービスなどによる通信量増大は続いています。
ネットワークが高速になれば、より大量のデータ、高精細な動画像をユーザーが利用するので、ネット上のデータ蓄積や伝送量の双方が増えるという構図が明らかになっています。
ブロードバンド回線の料金比較